2016年12月18日

ソウル市 アジア平和賞制定へ=反対の声も

-----------------------------------------------
ソウル市 アジア平和賞制定へ=反対の声も
-----------------------------------------------
そんなに国際社会に対して自国をアピールしたいのか。
一流国の仲間に入りたいのか。
しかもテロリスト安重根を英雄として称え
それに関連する日をアジア平和賞の日とするなど精神構造を疑ってしまう。
テロ行為がアジアの平和に寄与したと言うのだろうか?

韓国国民の気持ちが理解できません。


【本日の結論】
 自己都合の国民だからそれも有りかも知れませんが・・・


【おまけ】
-----------------------------------------------
慰安婦合意・THAAD政策に変更なし=韓国政府
-----------------------------------------------
変更などもってのほかである。
政府が変わって政策を変更できるのならば
日本は戦争責任について考える必要が無くなるのでは・・・

韓国は日本に対して戦争責任を一切主張できなくなると思うのだが。
posted by リジョイス at 19:53| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする